HOME>乗蓮寺で大仏を参拝しよう>乗蓮寺で大仏を参拝しよう

由緒ある寺を散策しよう

板橋区赤塚にある乗蓮寺は徳川家康から朱印地が与えられた将軍家ご用達の由緒ある寺院です。そのため山門の大扉には、立派な葵の御紋が彫られています。徳川吉宗が鷹狩に訪れた際の休憩所にもなりました。乗蓮寺は浄土宗の寺院として応永年間に板橋区仲町に創建されましたが江戸時代初期に仲宿に移転、昭和48年には首都高速道路の拡幅などによりこの地に移りました。昭和52年に境内に建てられた東京大仏は高さ12.5m重さ32トンの青銅製の阿弥陀如来坐像で、悲惨な戦災や震災が二度と起きないようにとの願いをこめて建立されました。奈良の大仏、鎌倉の大仏についで国内では3番目の大きさになりますが、まだまだマイナーでそれらほどの知名度はありません。しかし、新東京百景」にも選定されているパワースポットで、初詣には毎年、地元の人々が多く参拝に訪れ賑わっています。また、乗蓮寺には冒険家として有名な植村直己の墓があります。国民栄誉賞を受賞した植村直己は1984年マッキンリーで遭難し、その遺体はついにみつかりませんでした。彼の供養のため、墓のみが境内にあります。それ以外にも、江戸時代の天保の飢饉で亡くなった人々を供養した天保飢饉供養塔や学問に関するご利益のある文殊菩薩像などがあります。文殊菩薩は知恵を授けて下さるので、資格試験や大学受験などに参拝するとよいでしょう。

NEW POSTS